本文へスキップ

電話でのお問い合わせは0172-88-7705

〒036-8164 青森県弘前市泉野3丁目11-11



キーポイントホームのこだわりdetail



それぞれの家族には、それぞれの住まい方、暮らし方があります。 家族の成長は、何気ない毎日の生活の中にあります。お互いに支えられ、愛され、 共に育まれます。その生活の舞台そのものが「家」なのです。
そして、「家」はそこに暮らす家族がずっと安心して住み続けられる居場所でなければ いけません。
また「家」はそこに暮らす家族全員のためにあります。言わば家族全員の夢を実現する ようなものなのです。
マイホームの夢の実現には、土地や建物の要望、希望、予算、家族構成、好みなど様々 な条件や制限、家族の事情を一つ一つ整理し、現実と将来を見据えながら家づくりの 計画を進めなくてはいけません。
まず、私たちにお客様ご家族の思いを聞かせてください。ご主人、奥様、子供たち、 ご両親全員の思いや意見を聞いて、具体的な形を作る準備をします。
生活のリズム、実現したい事柄、将来の夢、現時点の問題・不安など何回でもお聞かせ ください。お客様ご家族の価値観や色々な思いを共有し、お客様に合う「家づくり」を お勧めいたします。
「失敗のない、満足のいく家づくり」をするには、多少時間がかかっても、この計画 段階を大事に行うことが、最も大切だと私たちは考えています。
私たちが思う「お客様第一」とは、家づくりを通じて、お客様との未来永劫の人間関係 そのものをつくる事だと信じて今日も頑張っています。




「家」は人にとって大切な居場所です。
一人だけの時間も、家族がふれあう楽しい時間も、共に感じ、味わえるのです。
学校や仕事、家事の疲れも癒してくれる心地いい空間です。
そして、家に住む人の構成や好み・考えは、時が過ぎることに少しずつ変わって行きます。
小さな子供はだんだん大きくなり、成長し、やがて大人となって巣立ち、親は年を重ね、老いて行きます。
私たちは、どんなに優れたデザインよりも、家族みんなが末永く馴染む空間をご提案して参ります。
又この地域は雪国です。住んでみて分かる雪国の辛さ、煩わしさがありますが、時より楽しさを感じることもあります。
私たちは、この地域に育ってきた経験と知恵を生かして、住む側にも雪国に適した住宅対策と生活対応について、しっかりとお手伝いして行きますので、心配には及びません。大丈夫です。
ご家族が暮らしやすい家、雪国の特長を活かした家づくりを通じて、末永くこの地域の人と環境を守っていきたいと思い、ご家族と一緒に家づくりを考えます。


では、どんな家をつくるか?detail

設備仕様や太い柱・梁、性能の良い窓・断熱材などを採用しただけでは思うような家の性能は発揮できません。
家の基本性能は、設備やデザイン、単なる性能数値だけにとらわれない、しっかりとした技術でキメ細やかな施工精度が必要になります。
設計図どおり造ることは当然です。
私たちは、モノづくりの意識向上と現場職人の施工精度を重要に考えることから、施工前に細かい所のデザインやその納まり、作業上の注意点などをつくる職人と事前打合せをしています。(施工中・完了時には、再度チェック・確認を行います)単なる下請けではなく、お客様の思いを理解・共有し、夢の実現を一人一人が担っていることの認識を深めるためと、モノづくりのプロとしてこの納まりに問題がないか、もっとよい納まりがないかを考えるためです。家づくりのプロ集団として、お客様の夢を万全の体制で実現していきます。
   

省エネ・省Co2・低燃費な住宅です

一言で言えば、エコな家づくりです。地元の木を使って、丈夫で長持ち、メンテナンスも容易にでき、省エネ機器も最小限で維持できる住まいです。
建てる時のイニシャルコスト(予算)は、ローコストと云う訳にはいきませんが、長い目で見れば(生涯維持費・ランニングコストで比べれば)、建築時のコストは比較的抑えた家づくりになっています。
床面積が大きい家とか、設備やデザインにこだわった家よりも、人と環境にやさしい空間設計、健康・快適・省エネにこだわったエコな家づくりをしたいと思います。
   


「あおもり産・木の家」とは・・・detail

あおもり県産材を使用

近くの山でりっぱに育った、あおもり県産の木をふんだんに使っています。
地域の気候や風土をよく知っていて丈夫で長持ちしかも狂いにくく,私たちに馴染みやすい素材です。
近くの山で育った地元の木を使う家づくり

パッシブ設計

暖房やエアコンだけに頼らず自然エネルギーを取り入れた設計。
具体的には太陽の熱を取り入れ、如何に余分な熱を遮るか、風の流れを計算し、サッシ窓・建具の付け位置、大きさなどを充分に考慮します。
その土地によって日当たりや風向きも違うので、事前調査も入念に行います。家づくりの設計は常にここから始まります。

断熱・気密

柱間に充填断熱+柱外に付加断熱を施したダブル断熱工法です。
気密性能を表す、隙間相当面積C値は、全棟測定を行い、いずれも0.5cu/u以下の性能です。

暖房方法

ヒートポンプ(空気熱)式低温水パネルヒーター

サッシ

トリプルガラスサッシ(ダブルLow-eアルゴンガス入り樹脂サッシ)

換気

第一種換気システム(全熱交換型)