本文へスキップ

電話でのお問い合わせは0172-88-7705

〒036-8164 青森県弘前市泉野3丁目11-11



愛犬家の住宅造りますdetail



現在、犬を飼育している世帯は国内全体の17%です。その中の約83%が室内飼いです。今や「ペット共生」の時代となっています。
その中で愛犬家の半数以上が抱えている悩みの三大ポイントは、
1. 床の滑り
2. 臭い
3. キズ、汚れ です。

「床の滑り」は関節疾患を招くこともあります。
多くは遺伝性のものですが、環境要因によって発症してしまいます。その原因は肥満、床の滑り、段差が主なものとして挙げられます。
「臭い」「キズ、汚れ」は一見、「床や壁を消臭効果あるいは傷のつきにくいものに変えれば大丈夫」と思いがちですが、そればかりではありません。たとえばトイレの躾ができていなくて所構わずオシッコをしてしまう状態では、いくら壁紙や床材を変えても解消は難しいと思います。そのような本質的な原因を解決するためには、「犬の育て方」が対処方法として不可欠です。 愛犬の「育て方」と、愛犬との「住まい方」その両面から住まいを考え、提案いたします。

弊社が愛犬家住宅を勧める理由のひとつは、 青森県産スギの無垢の床材を使っているからです。 表面がやわらかいので足腰への負担が少なく、犬が滑りにくい素材です。木材の温かみを感じやすく、もちろん人間にとっても落ち着く素材です。 ペット共生のために適切な素材として 「青森県産スギ無垢床材」をお勧めしています。